娛樂文化

《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) :MrsGREENAPPLE 的 失憶投捕 OP 曲, MV 1700萬次播放突破

《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) ,由超人氣團 MrsGREENAPPLE 負責,是2024年4月新番動畫《 失憶投捕 / 忘卻Battery 》(忘却バッテリー) 的OP曲,此曲人氣甚高,串流表現理想,行文時(5月25日),最高在BillBoard Japan Hot100中拿下第二位,後繼有可能進佔首位。MV版由4月12日公開,耍5月25日已累積了約1700萬次播放,相當強勢。

《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) :MrsGREENAPPLE 的 失憶投捕 OP 曲
《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) :MrsGREENAPPLE 的 失憶投捕 OP 曲 BillBoard Japan Hot100 第2位


Mrs. GREEN APPLE《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) 動畫MV特別版

Mrs. GREEN APPLE《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) Official Music Video

Mrs. GREEN APPLE《 丁香紫 / LILAC 》( ライラック ) 日文及中文翻譯歌詞:

過ぎてゆくんだ今日も
今天也這樣流逝了

この寿命の通りに
遵循著這條生命的路

限りある数字が減るように
有限的數字在減少

美しい数字が増えるように
美麗的數字在增加

思い出の宝庫
回憶的寶庫

古いものは棚の奥に
舊物都放在架子的深處

埃を被っているのに
儘管覆滿了灰塵

誇りが光って見えるように
自豪地閃閃發光

されど
然而

By my side
在我身邊

不安 喝采 連帯
不安、喝采、團結

濁ったりの安全地帯
混濁的安全地帶

グワングワンになる
變得搖搖晃晃

朝方の倦怠感
清晨的倦怠感

三番ホーム 準急電車
第三月台的準急電車

青に似た
像藍色一樣

すっぱい春とライラック
酸酸的春天和丁香花

君を待つよ ここでね
我在這裡等你

痛みだす人生単位の傷も
即使是人生單位的傷痛

愛おしく思いたい
也想珍惜

探す宛ても無いのに
即使沒有尋找的目的地

忘れてしまう僕らは
我們卻會忘記

何を経て 何を得て
經歷了什麼,獲得了什麼

大人になってゆくんだろう
我們會成長為大人

一回だけのチャンスを
只要一次的機會

見送ってしまう事が無いように
不要錯過它

いつでも踵を浮かしていたい
總是想著保持警覺

だけども難しいように
但這很難做到

主人公の候補
曾以為自己是主角的候選人

くらいに自分を思っていたのに
曾這樣認為自己

名前も無い役のような
卻像是無名的角色

スピンオフも作れないよな
甚至無法做出番外篇

たかが
僅僅是

By my side
在我身邊

くだらない愛を歌う際
唱著無聊的愛情歌曲時

嘘つきにはなりたくない
不想成為說謊的人

ワサワサする胸
心裡忐忑不安

朝方の疎ましさ
清晨的厭煩感

ズラして乗る 急行電車
錯開時間乘上急行電車

影が痛い
影子讓人痛苦

価値なんか無い
毫無價值

僕だけが独りのような
只有我一個人獨處

夜が嫌い
討厭夜晚

君が嫌い
討厭你

優しくなれない僕です
我無法變得溫柔

光が痛い
光芒刺痛我

希望なんか嫌い
討厭希望

僕だけ置いてけぼりのような
只有我被遺棄的感覺

夜が嫌い
討厭夜晚

一人が怖い
害怕一個人

我儘が拗れた美徳
任性的扭曲美德

不完全な思いも
即使是不完整的思念

如何せん大事にしたくて
還是想要珍惜

不安だらけの日々でも
即使是充滿不安的日子

愛してみる
也想去愛

感じた事のない
從未感受過的

クソみたいな敗北感も
糟糕的失敗感

どれもこれもが僕を
這些一切

つき動かしてる
推動著我

鼓動が揺らすこの大地とハイタッチ
與震動大地的心跳擊掌

全て懸けた あの夏も
那個賭上全部的夏天

色褪せはしない 忘れられないな
不會褪色,無法忘記

今日を生きる為に
為了活在今天

探す宛ても無いのに
即使沒有尋找的目的地

失くしてしまう僕らは
我們卻會失去

何のために 誰のために
為了什麼,為了誰

傷を増やしてゆくんだろう
會增加傷痕

雨が降るその後に
雨後

緑が育つように
綠色滋長

意味のない事は無いと
相信沒有無意義的事

信じて 進もうか
相信著前進

答えがない事ばかり
總是沒有答案

だからこそ愛そうとも
正因如此才去愛

あの頃の青を
那時的藍色

覚えていようぜ
讓我們記住

苦味が重なっても
即使苦澀重疊

光ってる
依然閃耀

割に合わない疵も
不值得的傷痕

認めてあげようぜ
也要承認它

僕は僕自身を
我愛著自己

愛してる
愛著自己

愛せてる
能愛著自己